ringolf

【動画】アプローチを安定させてスコアアップ

ゴルフ動画

三枝こころ | 2016.09.09

スコアを縮めるならアプローチ練習が大切

「100切りの壁」と言った言葉があるように、良いスコアを作りたい!という気持ちは皆さん同じだと思います。

ショットが曲がる、セカンドでグリーンを捉えられない、ロングパットのタッチが合わない、大叩きしてから崩れるなどゴルフには色々と悩みは尽きません。

そんなゴルフから一歩前に進みたいと考える方は沢山いるはず、私もその一人です。

私が9年ゴルフをしてきて感じたことが、グリーン周りの寄せの大切さです。

自分のアプローチを2パターン作ることで、全然違ったラウンドができるようになってきました。

ではアプローチの練習方法について書いてみますね。

アプローチは基本の形

アプローチでは基本の形を作るところからはじめましょう。そこから、徐々にボールの置く位置や、振り幅を変える応用編を試していくのがおすすめです。

私は基本を固めないまま、アプローチ練習をしていたため、いつまでたってもアプローチが上達しませんでした。

アプローチは振り幅が小さく、手打ちになりやすいことから、フェースの当たる位置が不安定になります。

手打ちにならないためにも、体との一体感を持つことがより大切になってきます。

ここでりさちゃんのアプローチ動画をご覧ください。体の中心を使って打っているのが分かります。

りさちゃんに教えてもらったアプローチの基本はこちらです。

・スタンスを狭めにする
・体との一体感をもつ為に、クラブを短く握る
・手打ちにならない為にハンドダウン(手を低い位置)にする
・左足重心で体重移動を減らす(左足一本で立つイメージ)
・同じ振り幅で振ることを意識する(膝から膝、腰から腰などで考えるとやりやすい)
・前傾キープのまま、ボールを追っ掛けてヘッドアップしない
・落とし位置を決めてから打つとイメージが湧きやすい
・ボールを低く出したい時は中央より右側にボールを置く、高く上げたい時は左側に置くと同じ打ち方でも変化がつきます。

基本の形が身についてきたら、いろんな状況に合わてイメージしてみることが大切です。

状況に合わせて自分の打ちたいボールをイメージする

下りや上り、手前にバンカーや花道、ラフやカラーなど、アプローチにもいろんな状況があります。

私は、自分の打ちたいボールをイメージして打ち方やクラブを変えています。

<下りのアプローチで意識したいこと>
私は、下りのアプローチでオーバーしてしまうことが多くあります。

下りではスイングの振り幅が一定でなくフォローが大きく出てしまうことが原因でした。

レッスンで習った振り幅を一定にする方法は、クラブをアウトサイドにあげることで、以前に比べるとフォローが小さくなり一定の幅でフェースが出るようになりました。
インサイドにクラブを上げていた時に比べて、芝への引っかかりも少なくなりました。

・傾斜にそってクラブのバンスを滑らせ、ボールを上げようとするのはNG
・転がしの場合はアウトにクラブをあげる
・正面から見た時に小文字のyをキープしたまま、フェイスを返さない

<アプローチはふわっと&転がし2パターン持つ>

この動画くらいの微妙な距離が振り幅も難しく、気になってだとヘッドアップもしてしまう、苦手なアプローチです。
グリーンエッジの先にキャリーするイメージでアプローチしてみました。

打つ瞬間に力が入っているのとフォローを大きく出し過ぎで、ミスショットになってしまいました。

ミスにしては割と寄っていったのは、落とし位置を考えるようになったからです。

ミスをしても許容範囲だったらいいですよね(笑)

その他にもピッチングを使った転がしのアプローチや難易度の高いロブショットなど色んな種類のアプローチがあるので、また撮影してここに書いてみますね。

SHARE ON

  • twitter
  • facebook
  • hatena